高い遮熱性が期待できる4ファンタイプの空調服ベストについて

作業服ベスト1

空調服の着心地の良し悪しはファンの性能に左右されると言っても過言ではありません。ファンで送り込まれた風が衣服の内側に空気の層を形成して外気の熱を遮断します。そのため、ファンのパワーが強いか、数が多ければより快適に過ごせると言えます。

高い遮熱性を持つ4ファンタイプの空調服の魅力や正しい扱い方について学びましょう。


ファンの数が多いほど遮熱性が高くなる

空調服は付属しているファンを作動させて外気を取り込むので、空調服そのもので体を冷やすことはできません。涼しく感じるのは衣服の内側に形成された空気の層によって外気の熱が通りにくくなっているためです。空気は熱移動がしにくいので、空気の層があると外気の温度に影響されません。

そのため、高温の環境でも空調服を着用していれば暑く感じないと言えます。しかし、熱の移動を妨げるには空気の層に相応の厚さが求められます。

また、厚さが均一な状態になっていることも無視できない条件です。

一般的な空調服は付属しているファンの数が一つか二つなので、外気の温度に全く影響されないほどの空気の層を作ることはできません。日常生活において極端に高温の環境で作業を行うことはほぼあり得ないので、空調服のファンは一つか二つで十分と言えます。

しかし、仕事によっては非常に高温な環境の中に留まる必要があるため、そのような状況においては一般的な空調服ではあまり涼しさを感じられません。空調服の遮熱性はファンの数が多いほど高くなるのが普通なので、立っているだけで大量に発汗するほどの高温な環境ではファンの数が多い空調服が便利と言えます。

高温の環境向けとして4ファンタイプの空調服が市販されていますが、名前の通りファンが四つ付いているのが特徴です。四つのファンを同時に作動させることで厚みのある空気の層を万遍なく行き渡らせることが可能になっています。

快適に着こなすことができる一方で注意点も多い

作業服ベスト11

4ファンタイプの空調服の中でも袖が無いベストタイプの物は腕を動かしやすい利点があります。空調服は衣服の内側すべてに空気の層を形成しますが、遮熱性の高さと引き換えに体の動きがやや妨げられる欠点もあります。

ファンが一つか二つなら影響も大きくありませんが、四つもファンがあると思い通りに体が動かないことがあります。特に袖の部分に空気が行き渡ると腕を曲げる際に大きな抵抗を感じてしまい、作業に支障が及ぶ可能性も否定できません。

その点、ベストタイプの空調服なら袖が無いので腕の動きを妨げられることはありません。胴体部分に涼しさを感じながら両腕を自由に動かすことができます。利点が多いように思える4ファンタイプの空調服ですが、同時にスタミナ切れになりやすい欠点もあります。

一度に最大四つのファンを作動させるため、バッテリー充電は休む暇がありません。また、ファンが一つだけ付いている空調服と比べると、送風機器分の重さは四倍になっています。そのため、着用すると重たく感じてしまい、却って汗だくになってしまう可能性は否定できません。

そうならないためにはファンを常に回し、遮熱性を持つ空気の層を綺麗な状態で形成させることが重要と言えるでしょう。

合わせて読む:お気に入りのバートルのベストタイプ空調服があるのなら在庫ありのお店を探して買おう

4ファンタイプの空調服を上手に洗濯する方法

空調服は用途の性質上、非常に汚れやすい衣服と言えます。送風機器に汚れが付着すると場合によっては性能が大きく低下するおそれがあるため、こまめに洗濯を行って綺麗な状態に保つことが重要です。汚れた空調服は送風機器を取り外し、それから家庭用の洗濯機で洗います。

空調服は作業服の一種なので固く頑丈な生地で作られていますがファンを取り付ける部分には穴が開いています。付属しているファンと同じサイズなので、衣服が乾いたらそのままファンを取り付けるのが正しい対処法です。

4ファンなので穴も四つ開いていますが、洗濯による影響でシワが形成されて穴が歪むおそれもあります。穴が歪むとファンを取り付けた際にすき間が生じ、そこから空気が漏れるので注意が必要です。4ファンタイプの空調服は穴の部分が歪まないように、洗濯の後は形を綺麗に整えてから陰干しするのが最適な乾かし方です。

乾燥機を使うと熱風の影響で生地が縮む可能性があるので良い方法とは言えません。乾いたらファン用の穴が歪まないようにアイロンを丁寧にかけます。その後はハンガーに吊るすか、穴の部分を避けて折り畳むのが正しい収納方法です。

ファンはすべて同じメーカーで統一するのが上手に扱うための工夫

4ファンタイプの空調服に使う送風機器はすべて同じメーカーに統一します。これは同じメーカーならバッテリーや充電器の使い回しができるのが理由です。ひと口に空調服と言ってもメーカーは様々であり、使用する送風機器も異なります。

異なるメーカー同士の送風機器を強引に組み合わせると出力の違いから故障するおそれがあるので絶対に行ってはいけません。トラブルを避けるには送風機器を新品に交換する際、状態の良し悪しを問わずに四つすべてを交換するのが正しい対処法です。

ベストタイプの空調服は重ね着にも適している

空調服の着用方法は人それぞれですが、普段着の上から重ね着するパターンもあります。下着と上着に加え、空調服も着用する形になるので着膨れの状態になる可能性は否定できません。空調服の内側が汗で汚れないのが利点ですが、着膨れによって体が動かしにくくなるのは作業現場では大きなマイナス要因です。

とっさの判断で体を動かすことができないので、思わぬ事故に遭うおそれがあります。その点、ベストタイプなら腕の動きを妨げないので仕事の他、非常時でもほぼ困ることは無いと言えるでしょう。

おしゃれな空調服は専門店以外に通販でも購入できる

作業服ベスト15

作業服として作られた空調服ですが、熱中症予防に効果があるとされ、おしゃれ着として扱われるケースは少なくありません。ベストタイプの4ファン空調服は涼しく感じつつ、スタイリッシュな雰囲気を演出することができます。

小売店以外に作業服を多く扱う通販サイトでも扱っていますが、個性的なデザインの商品が多いので他との差別化を図るのに相応しいと言えるでしょう。

便利で扱いやすいのがベストタイプの魅力

4ファンタイプの空調服は非常に温度が高い場所でもほとんど暑さを感じないのが大きな魅力です。特にベストタイプの空調服は胴体部分の温度が上昇するのを防ぐのに効果的です。一般的な空調服よりも小ぢんまりとした作りなので扱いやすく、作業服以外に屋外でのレジャー用の衣服や部屋着として用いるケースも少なくありません。